泌尿器科

尿器科とは

当クリニックは、泌尿器科専門医が診療する病院として開業しました。泌尿器科は、泌尿器と呼ばれる尿の産生から排尿までの尿路に関係する臓器(腎臓や尿管、膀胱など)のすべてを診察します。また、泌尿器となると、対象となる臓器の形態が性別や年齢によってかなり異なりますが、当科は、男性・女性、あるいは成人か小児かといったことは問わずに泌尿器科診療を行います。

しっこの悩みから男性不妊症まで

泌尿器科では、尿路結石症や排尿障害をはじめ、尿路感染症、小児泌尿器科、泌尿器科がんの診療を行います。具体的には、尿失禁や頻尿、排尿痛などのおしっこに関するお悩みをはじめ、腰・背部の痛みとして現れる尿路結石や女性に多い膀胱炎、さらに子どもの夜尿症、男性の前立腺肥大症や前立腺がん、ED(勃起不全)、男性不妊症のほか、性病などの疾患にも対応します。女性にも抵抗無く受診していただけるよう、なんでも話せる雰囲気づくりに努めている診療科ですので、おしっこの問題や骨盤臓器脱(性器脱)などについても、一人で悩んでおらずに、お気軽にご相談ください。

者様に多く見受けられる症状・お悩み

  • 尿が出にくい、出ない
  • 尿に勢いが無い
  • 尿に血が混じる
  • おしっこが近い、回数が多い
  • 夜間、何度もおしっこに起きる
  • 尿が残っている感じがする
  • 尿が漏れる
  • 尿の我慢ができない
  • 足がむくむ
  • 腰や背中が痛む
  • 腎臓の辺りが痛む
  • 尿道から膿が出た
  • (健診などで)血尿やたんぱく尿を指摘された など

性に多い悩み

  • 睾丸や陰嚢が腫れた
  • 陰茎、陰嚢が痛む
  • 陰茎、陰嚢がかゆい
  • 亀頭、包皮に水疱やイボができた
  • PSA(前立腺特異抗原)値が高いと言われた
  • 男性更年期障害のような気がする
  • 勃起力が低下した など

性に多い悩み

  • 尿が漏れる
  • おしっこが近い、回数が多い
  • 夜間、何度もおしっこに起きる
  • 尿が残っている感じがする
  • おしっこに血が混じる
  • 腟から丸いものが脱出する
  • 足がむくむ
  • 腰や背中が痛む
  • 腎臓の辺りが痛む
  • 尿道から膿が出た
  • (健診などで)血尿やたんぱく尿を指摘された
  • 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある など

尿器科で診る主な疾患

前立腺肥大症、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、過活動膀胱、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱(性器脱)、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、性感染症(クラミジア感染症、淋菌感染症、尖圭コンジローマなど)、泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん など)、小児泌尿器科(停留精巣、陰嚢水腫、膀胱尿管逆流症、水腎症 など)

血尿・たんぱく尿

尿中に血液(赤血球)が漏れ出ている状態を血尿と言います。ただ、尿が赤くなくても血尿の場合があります。また、たんぱく尿は尿中にたんぱくが漏れ出ている状態です。通常、病気の無い方では尿中に血液やたんぱくが出ることはありません。そのため、血尿・たんぱく尿が出た場合は、腎臓などの泌尿器に何らかの疾患がある可能性が高いので、原因をつき止める必要があります。なお、血尿・たんぱく尿は尿検査(検尿)で診断できます。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は、男性に特有の臓器である前立腺(男性の膀胱の近くにあって尿道を取り囲んでいる栗の実大の腺組織で、精子を元気にする前立腺液を分泌)が肥大して尿道を圧迫したり、前立腺の筋肉が過剰に収縮して尿道が圧迫されたりするために、尿が出にくくなるなどの「排尿障害」を起こす疾患です。
前立腺が肥大する原因は、はっきりとはわかっていませんが、男性ホルモンの働きや生活習慣病、食生活などが関係すると言われており、一般的に加齢と共に前立腺肥大症は増えてくることが明らかになっています。80歳以上になると、8割以上の方が前立腺肥大症になると言われます。
主な症状としては、尿をする回数が多い(1日8回以上)、急に尿がしたくなって、がまんするのが難しい、がまんできずに尿を漏らす、夜中何度もトイレに行く、尿が出にくい、きれが悪いなどがあります。
治療としては、まず薬物療法が行われ、十分な効果が出ない場合は手術療法が検討されます。

前立腺肥大症内視鏡手術(レーザーによる前立腺核出術 HoLEP)20万4,700円
前立腺肥大症に対する尿道ステント留置術12万3,000円

前立腺炎

前立腺に炎症が起こっている状態が前立腺炎です。
問診や検尿、前立腺の触診(肛門から指を入れ、直腸を通して前立腺の大きさや硬さ、表面の状態、圧迫痛などを調べる検査)によって炎症の状態を調べます。超音波検査や血液検査が必要になるケースもあります。
前立腺炎には急性前立腺炎と慢性前立腺炎がありますが、これらの症状や経過はそれぞれ大きく異なります。

急性(細菌性)前立腺炎
急性前立腺炎の多くは、尿中の細菌による感染で起こり、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿症状を伴います。前立腺の腫れのために尿道が圧迫され、排尿障害や時には尿閉(尿が出なくなる)を来たすことも少なくありません。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。炎症が強いと、入院加療が必要になるケースもあります。
慢性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)
慢性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)はあまり一般的な病気ではありませんが、年齢的には20~40歳代の若い世代に多く見られます。
症状は陰部の不快感、排尿時・排尿後の痛み、射精時・射精後の痛み、精液に血が混じるなど多様な症状があり、その程度もいろいろです。
細菌感染によるものもありますが、原因のはっきりしない場合もあります。骨盤内の鬱血が影響しているケースもみられます。
潜在的な患者数は多く、全男性の約5%がこれらの症状を経験すると言われます。治療法には抗生物質や漢方薬の投与、生活指導などがあります。難治性、反復性のこともあり、症状が改善するまでに数ヵ月を要することもあります。

前立腺がん

発がんするメカニズムはまだ解明されておりませんが、食生活の欧米化や加齢、男性ホルモンの影響があると言われています。前立腺がんは進行が遅く、またがん特有の症状に乏しいため、がんが大きくなって膀胱や尿道を圧迫し、排尿トラブルや血尿などが出るようになって初めて気づくことが多い疾患です。前立腺がんは進行すると、がん細胞が骨やリンパ節に転移しやすく、場合によっては下半身麻痺などの症状が現れることもあります。そのため、自覚症状が現れる前に発見し、治療することが大切です。定期的にがん検診(PSA検診)を行うことをお勧めします。
前立腺がんの治療法には、手術、放射線療法、ホルモン療法、また特別な治療をせずにPSA値の推移などによる経過観察をしながら様子をみるPSA監視療法などがあります。前立腺がんの治療を考える上では、診断時のPSA値と腫瘍の悪性度(グリーソンスコア)、病期診断に基づくリスク分類、患者さんの年齢と期待余命(今後どのくらい生きることができそうかという見通し)、および患者さんの病気に対する考え方などがポイントになります。

尿路感染症

尿路に細菌が棲みつき、増殖して炎症を起こした状態が尿路感染症です。感染場所に応じて膀胱炎や腎盂腎炎などに分類されます。細菌は尿道の出口から侵入し、膀胱に達して膀胱炎を起こします。膀胱の細菌がさらに尿管を上って腎盂に達し、ここで増殖すると腎盂腎炎を引き起こします。治療には、抗菌薬が投与されます。治療が効くと、症状は3日ほどで改善しますが、渡された薬はすべて飲み切るようにしてください。症状が良くなったとしても、途中で薬を中断してしまうと細菌が生き残りやすくなり、再発の可能性が生じるからです。

膀胱炎

女性に多い疾患で、年齢を問わずかかりますが、若い方に多く見られます。男性に起こるのは稀です。膀胱炎は、女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。
健康な状態であれば細菌が尿道から入っても、膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、ストレス、疲労、体調不良(風邪をひいた後など)、冷え症、尿を我慢し過ぎた、1日の尿量が少ない、不潔な性行為などの要因が重なると膀胱炎になることがあります。
症状としては排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。
膀胱炎を発症したか否かの検査では、尿検査と尿の細菌培養検査を行います。まずトイレにて紙コップへ採尿し、それを顕微鏡で見て白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。結果はすぐに出ます。
治療は、抗生剤を3~5日間、内服します。通常1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。

尿の細菌培養検査
改善しない場合は、原因菌の種類、およびその細菌にどんな薬剤が有効かを調べます。
細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ球菌、連鎖球菌などがよく見られます。クラミジア(性感染症)のこともあり、クラミジア膀胱炎が疑わしいときは、尿中にクラミジアの遺伝子があるかどうかの検査をします。

腎盂腎炎、複雑性尿路感染症

膀胱炎と同様に、多くは大腸菌などの細菌感染によって発症し、腎臓の痛みと38℃以上の発熱、嘔気を伴います。細菌の繁殖場所が膀胱の場合は膀胱炎、尿管の上の腎盂に及ぶと腎盂腎炎となります。また、尿路に結石やがんがある場合に起こる尿路感染症を複雑性尿路感染症と言い、感染をおこす明らかな原因がない場合は単純性尿路感染症と呼ばれます。治療は主に抗菌薬で行いますが、症状が良くなっても細菌が残っていることがありますので、再発防止のためにも完治するまでしっかりと治療することが大切です。また、適切な治療を施さなかった場合は、細菌が血液中に侵入し、敗血症となって生命にも関わることがありますので、早めの診療が肝心です。

精巣上体炎

精巣の横には精巣上体(副睾丸)と言って、精巣でつくられた精子が通過する小器官が付属していますが、ここに炎症が起こって腫れた状態が精巣上体炎です。
多くは尿道や前立腺の細菌感染が精巣上体まで及んだ場合に発症します。痛みと発熱を伴い、急に発症することが多いのが特徴です。精管に沿って炎症が広がると、鼠径部(そけいぶ)や下腹部に痛みを覚えることもあります。また、症状に乏しく、精巣上体に痛みの無いしこりを触れるようなら、結核性である可能性があります。
治療としては抗菌薬の経口投与、および局所の安静・冷却などを完全治癒に至るまで続けます。悪化すると治療が困難になって慢性化してしまうことがありますし、精巣がんや精索捻転症(腹部と精巣を繋いでいる束状の組織(精索)が捻じれる病気)などとの鑑別が難しいケースもありますので、早めに泌尿器科を受診することが大切です。

尿路結石症

尿路結石症は、壮年期(30~40歳くらい)の男性と閉経後の女性に多く見られ、腎臓から尿道までの尿路に結石が生じる病気です。腎結石(腎臓結石)は、腎臓内に結石がとどまっている間は特別痛みませんが、結石が尿管に移動して尿管に詰まると、背中にかけて激しく痛み、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。尿路結石症の治療では、まず痛みを抑え、結石が小さいうちは自然排石を待ちます。しかし、大きな結石や自然排石が難しいと判断されたケースでは、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)やレーザーを用いた内視鏡手術で治療します。

尿管結石に対する内視鏡手術
(レーザーによる破砕および摘出術 TUL)
22万2,700円
体外衝撃波による尿路結石破砕術(ESWL) 8万円

腎機能障害・腎不全

腎臓は、体の水分を調節したり、老廃物を尿として排泄したりする機能を担っています。ところが腎炎などの疾患や外傷などのために腎臓に異常が生じ、血液を濾過する機能が低下すると、老廃物を十分に排泄できなくなります(腎機能障害)。この結果、体内には体に不必要なものや有害なものが溜まってきてしまいます。
そして、腎臓の働きが正常の30%以下に低下し、体内状況のバランスを保つことができなくなった状態を腎不全(腎機能不全)と言います。
腎不全には、急激に腎機能が低下する「急性腎不全」と、長期間にわたって徐々に機能が低下する「慢性腎不全」の2種類があります。
急性腎不全は、早急に適切な治療を行うことによって大部分の機能が回復します。しかし、慢性腎不全は腎機能がある程度まで低下しないと自覚症状が現れず、そのため早期発見が難しい疾患です。
慢性腎不全になると、尿毒素や水分、カリウムやナトリウムなどがどんどん体の中に溜まって体じゅうの組織に影響を及ぼします。慢性腎不全は、糖尿病腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症などといった様々な病気のために、数年~10年以上という長い期間に、少しずつ腎機能が低下していきます。慢性腎不全となると、一度失った腎機能の回復は極めて困難です。
腎臓の働きが低下すると、本来なら尿として出るべき老廃物が体に溜まってしまいます。
症状は、進行速度や重症度、原因などによって様々ですが、尿の異常やむくみが生じたり、高血圧になったりすることもあります。
腎臓の働きが「10%以下」になると、血液の濾過が十分に行えず、水分や老廃物のコントロールができなくなってしまい、人工的に血液の浄化を行う「透析療法」が必要になってきます。

腎臓がん

腎臓がんは初期の段階ではほとんど症状が現れませんが、腎臓にできたがんが直径5cmを超えた頃から、何らかの症状が現れ始めます。「腹部の疼痛」「血尿」「腹部のしこり」が、腎臓がんの三大症状と言われています。腎臓がんは、以前は見つけにくいがんと言われましたが、超音波検査やCT検査など検査技術の発達により、1cm大の小さながんも発見できるようになっています。腎臓がんの検査には尿検査、超音波検査、CT・MRI検査、血管造影検査などがあります。腎臓がんの治療法には外科療法、腎動脈塞栓術、免疫療法、化学療法、放射線療法などがあります。

膀胱がん

尿路がん(腎盂、尿管、膀胱)のなかでも、最も死亡数が多いのが膀胱がんで、実に7割以上を占めています。罹患数でも膀胱がんが一番多く、尿路がん全体の約半数を占めます。膀胱がんは、膀胱鏡検査を行えば、ほとんどは診断がつきます。尿にがん細胞が落ちているかどうかを調べる尿細胞診も有効な検査です。膀胱がんの外科的な治療には、大きく分けて2つの方法があります。一つは、腰椎麻酔をかけて膀胱鏡で腫瘍を観察しながら、がんを電気メスで切除する方法(経尿道的膀胱腫瘍切除術:TUR-BT)、もう一つは、全身麻酔下に膀胱を摘出する方法(膀胱全摘除術)です。

膀胱腫瘍に対する内視鏡切除術(TUR-Bt)12万3,000円

精巣がん

精巣がんにかかる割合は10万人に1人程度とされ、比較的稀な腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳代後半~30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多いのが特徴です。実際に20歳代~30歳代の男性では、最もかかる数が多い固形がん(白血病などの血液腫瘍以外のがん)とされています。
精巣がんの主な症状は、片側の精巣の腫れや硬さの変化です。しかし、多くは早期には痛みを伴わないので、かなり進行しないと気づかないケースが少なくありません。また、精巣がんは比較的短期間で転移(がんが離れた臓器に移動して、そこで増殖すること)を起こすため、転移によって生じた症状によって、もともとの病気である精巣がんが見つかることもあります。転移した部位によって症状は異なり、例えば、腹部リンパ節への転移の場合では腹部のしこり・腹痛・腰痛などが、肺への転移の場合では息切れ・咳・血痰などがみられます。
精巣がんは進行が速く、転移しやすい特徴があります。そのため、精巣がんが疑われる場合には、まず病気のある側の精巣を摘出する手術を行います。そして手術で取り出した組織を顕微鏡で調べてから(病理組織学的診断)、その後の治療方針が立てられます。

男性更年期障害(LOH)

男性更年期障害は、加齢による男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こり、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれます。主な症状としては、動悸、頭痛、発汗、ほてり、のぼせ、手足の痺れ、倦怠感、無気力、不眠、うつ、勃起障害をはじめとする性機能障害など、多様に現れてきます。
こうした男性更年期障害の診断は、主に問診と血液検査(テストステロン濃度の測定)で行います。治療法としては、減少した男性ホルモンを注射で補充する「男性ホルモン補充療法」(※保険適用にならないケースもあります)が一般的です。また、精神的なストレスが大きく影響しているような場合には、ストレスに対抗するための薬が処方されることもあります。

診療費用

初診料3,000円
検査料7,000円
再診料1,000円
注射(月1回)2,500円

検査は3か月に1度おこないます。

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)は、昼夜を問わず尿の回数が多くなったり、我慢できないほどの尿意切迫感を覚えたり、尿が溜まったときに膀胱に強い痛みが走ったりします。原因は明らかにはなっていませんが、熟成チーズ、大豆、赤ワイン、柑橘類や炭酸飲料など酸性が強いもの、わさびや唐辛子、こしょうなどの香辛料、コーヒーなどカフェインの多く含まれているものを食べた後に痛みが強くなったりすることがあるため、尿中に排出される物質の関与が示唆されます。間質性膀胱炎の治療では、完治を目指すのではなく、症状の緩和、消失を目標に置き、水圧療法(萎縮した膀胱を水圧で拡張する治療)や薬物療法、膀胱訓練など、いくつかの方法を組み合わせて行います。

過活動膀胱(OAB)

過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い(頻尿)」「急にトイレに行きたくなり、我慢できずに尿が漏れてしまうことがある(尿失禁)」などの症状を呈する疾患です。医療機関を受診して一般に初診時に行われるのは問診です。問診以外には、膀胱の状態を調べるための検査を行うこともあります。排尿に関連した症状があるからと言って、必ずしも過活動膀胱とは限りません。他の疾患の可能性も含めて確認するための検査です。初診で行う検査は、主に腹部エコー検査(残尿量の測定)、血液検査、尿検査などです。これらは比較的簡単な検査です。過活動膀胱の検査にはほかに、尿流測定、パッドテスト、ストレステストなどがあります。治療には、薬による治療と、薬を使わない行動療法(膀胱訓練や骨盤底筋体操等)などがあります。

腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、お腹に強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉が、膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでいます。腹圧性尿失禁は、この骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こす疾患です(そもそも女性の尿道が3~4cmと短い上に、真っすぐな形状であることも影響しています)。
咳をする、くしゃみをする、笑う、走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする、重い物を持ち上げる、坂道や階段を昇り降りする――こうした強い腹圧がかかるような動作をした時に尿が漏れてしまいます。問診や各種検査によって診断し、パッドテストなどを行うこともあります。40歳以上の女性の4割以上が経験していると言われます。

パッドテスト:水分摂取後に60分間、決められた動作や運動を行い、検査前後のパッド重量を計測し、尿失禁の重症度を判定する検査。

腹圧性尿失禁の治療

腹圧性尿失禁の治療の中心は、「骨盤底筋体操」です。緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて、臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで、尿漏れを防ぐ方法です。軽症例に有効です。
薬による治療では、尿道を引き締める働きがある薬(β受容体刺激薬)などを用います。薬物療法以外の保存的治療には、電気刺激療法(干渉低周波療法)や磁気刺激療法があります。保存的治療にうまく反応しない場合には、手術療法(メッシュテープを尿道の下に通してサポートする手術など)を検討します。

骨盤底筋体操の行い方

  • 1.仰向けに寝て、両足を肩幅に開き、両膝を軽く立てます(椅子に腰掛け、床につけた両足を肩幅に開き、背筋を伸ばした姿勢で行っても構いません)。
  • 2.体の力を抜いた状態で、肛門と腟の両方を締めます。
  • 3.ゆっくりと5つ数えたら力を抜きます。
  • 4.1~3の動作を5分くらいずつ、1日に2~3回行います。

骨盤臓器脱

女性の骨盤内臓器(膀胱、子宮など)は、多くの筋肉・靭帯・膜で支えられています。
これらが出産で傷ついたり、女性ホルモンの減少につれて弱くなったりしてくると、臓器脱が起こってきます。
骨盤臓器脱は、過去に多産・難産だった経験のある中高年の女性によく見られます。
この臓器脱で悩んでいる方は非常に多く、全国で数百万人はいると考えられています。しかし、この病気はまだ広く認知されておらず、羞恥心のために我慢している女性も少なくないのが現状です。
骨盤臓器脱の症状としては、腟から丸いものが脱出するのをはじめ、ピンポン玉のようなものが触れたり、股の間に何かがはさまっている感じがしていたり、下腹部が引っ張られる感じ、もしくは下がってくる感じがするといったようなものがあります。
骨盤臓器脱は、軽症の場合には腹圧がかかった時に一時的に脱出する程度ですが、重症化すると、常時脱出した状態になります。
特にこの症状は、長時間の歩行・運動の後に悪化しやすくなります。また朝方には何ともないのに、夕方になると症状が気になってくる方が多いようです。
このような症状にお悩みの場合は、恥ずかしがらずにご相談ください。

感染症が疑われる症状

  • 性器に「腫れ」が見られる
  • 性器がヒリヒリする
  • 性器にブツブツが生じた
  • 性器から膿のような粘液が出る
  • 下着に見慣れない汚れが付着するようになった
  • おしっこをする時に痛みや違和感が伴う
  • 性器周辺に痒みがある
  • おりものの量が増えた
  • 性器の痒みがある
  • 性器のにおいが気になる
  • 外陰部に痛みがある など